​研究者基本情報

Basic information
 

宮田 統馬


MIYATA Toma

■所属:情報工学科

■職位:准教授

■取得学位:博士(工学)東京理科大学

■研究分野:ディジタル信号処理

■所属学会:電子情報通信学会,電気学会,IEEE

■競争的資金等の研究課題:なし

■その他:なし

■Department:Computer science & Technology

■Title:Associate Professor

■Degrees:Ph.D

■Research Fields:Digital Signal Processing

■Membership:The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE),The Institute of Electrical Engineers of Japan (IEEJ),The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

■Subjects of Competitive Funds:none

■Others:none

■研究業績


2019年度の業績

・口頭発表・ポスターセッション

 01.高尾圭祐, 名取隆廣, 宮田統馬, 相川直幸, 有限次数ヒルベルト変換器を用いた高精度瞬時周波数の一推定法, 第34回信号処理シンポジウム, pp.237-241, 2019

 02.Toma Miyata, Takahiro Natori, Naoyuki Aikawa, A Design Method for Linear Phase FIR Filters with Multiple Variable Factors in the Stopband and Specified High Attenuation, The 45th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2019), pp.43-47, 2019

 03.宮田統馬, 相川直幸, 多項式係数の削減を考慮した阻止域可変直線位相FIRフィルタの有限語長設計法の検討, 信学技報, Vol.119, No.185, SIP2019-41, pp.11-16, 2019

 04.藤田魁, 桑原大輔, 大坪樹, 宮田統馬, 内田健, 島川陽一, Random Erasingを用いたDeep Learningによる画像診断の精度向上に関する一検討, 電学制御研資, CT-19-105, pp.5-8, 2019

2018年度の業績

・口頭発表・ポスターセッション

 01.Toma Miyata, Hidehisa Aso, Naoyuki Aikawa, Design Method for FIR Filter with Variable Multiple Elements of Stopband Using Genetic Algorithm, The 23rd International Conference on Digital Signal Processing (DSP 2018), 1191 3Q-3, 2018

 02.木村宇量, 宮田統馬, 樽本祥憲, 名取隆廣, 相川直幸, 阻止域の一部で指定の減衰量を有する可変FIRフィルタの設計法, 電子情報通信学会技術研究報告, vol.118, no.182, SIP2018-57, pp.1-5, 2018


2017年度の業績

・口頭発表・ポスターセッション

 01.宮田統馬, 相川直幸, 阻止域の複数要素が可変な通過域平坦可変FIRフィルタの設計法, 電子情報通信学会総合大会, A-8-17, 2018

 02.桑原大輔, 大坪樹, 宮田統馬, Deep Learningを用いた機械加工における不良品判別の一検討, 電子情報通信学会 東京支部学生会 第23回研究発表会, p.35, 2018

2016年度の業績

・口頭発表およびポスターセッション(学協会等におけるもの)

 01.竹内想, 宮田統馬, 相川直幸, 遺伝的アルゴリズムを用いた阻止域可変FIRフィルタの設計法, 電子情報通信学会総合大会, A-8-14, 2017

 02.宮田統馬, 相川直幸, 通過域が平たんな阻止域可変FIRフィルタの一設計法, 電子情報通信学会総合大会, A-8-13, 2017

 03.守屋秀章, 宮田統馬, 村瀬直樹, 相川直幸, 剣道の面打ちにおける有効打の解析, 電学制御研資, CT-17-020, pp.7-10, 2017

2015年度の業績

・論文

 01.宮田統馬, 岡本光平, 相川直幸, 繰り返し重み付き最小二乗法を用いた阻止域の複数要素が可変なFIRフィルタの準等リプル設計, 電気学会 論文誌C, Vol.135, No.6, pp.671-678, 2015, 査読有

・口頭発表

 01.宮田統馬, 森幸男, 工業高等専門学校における信号処理教育の一例, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, AS-2-10, 2016

 02.佐巻優太, 鎌倉友男, 森亮徳, 白濱成希, 渡邉志, 中川雅史, 宮田統馬, 冨田雅史, 森幸男, 1/fゆらぎ音のリラックス効果に関する一検討, 第28回バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集, pp.103-104, 2015

Read&Researchmap

#デジタル #ディジタル信号